製品紹介 顕微鏡

オリンパスは、最先端のニーズにお応えするために、長年培ってきた光学技術や精密技術をもとに、常に先進的な設計思想を反映した顕微鏡を世に送り出してきました。
学校教育での細胞観察から、最先端の生命科学や、医学分野の発展に、優れた対応力で貢献いたします。
また工場のラインでの作業用、部品の寸法測定、表面状態の観察など様々な分野で対応できるように、幅広くニーズにあった顕微鏡を取りそろえております。

生物顕微鏡

正立顕微鏡:BXシリーズ

正立顕微鏡:BXシリーズ 正立顕微鏡:BX

最も一般的な形として、知られている標本を上方から観察する顕微鏡です。スライドガラスに固定された標本を低倍(約10倍)から高倍(約1000倍)まで幅広く観察可能です。
取得画像の信頼性と最上級の操作性を追求した研究用電動顕微鏡では、研究者ごとの観察条件を保存できるタッチパネルコントローラの採用やイメージングソフトウェアcellSens®との組み合わせにより、研究に集中できる操作性を実現します。(神経科学などの研究、臨床・検査用)

倒立顕微鏡:IXシリーズ

倒立顕微鏡:IXシリーズ 倒立顕微鏡:IX

生きた細胞などをディッシュに入れて底面から観察する顕微鏡です。
IX3の革新的なフレーム構造が、様々な研究のプロセスに応える高い拡張性と、XYZドリフトの低減を実現しました。大きな開口部は、ユニットの装着や交換を容易にし、ニーズに合わせた柔軟なシステム構築が可能です。高速シャッタや高速フィルタホイールを組み合わせた柔軟な電動化と高速な制御が、高速な生物現象を確実に捉えます。(生理学、細胞生物学などの研究用)

共焦点顕微鏡

多光子励起レーザー走査型顕微鏡:FVMPE-RS 多光子励起レーザー走査型
顕微鏡:FVMPE-RS

共焦点光学系を用いることで、高い解像度と深い焦点深度の両方を実現する顕微鏡です。焦点の合った箇所だけを明るく取得できる特性を生かし、試料全体に焦点のあった画像を撮像できます。また、試料内の局在を判断するのに有効な、3次元像も構築できます。新開発の高速スキャナにより、ミリ秒単位の速い動きを逃さず観察することができる高速多波長、次世代多光子励起レーザー走査型顕微鏡です。(分子生物学や神経細胞学など先端研究用)

工業用顕微鏡

走査型レーザー顕微鏡:OLSシリーズ

走査型レーザー顕微鏡:OLSシリーズ 走査型レーザー顕微鏡:
OLS

光学顕微鏡、レーザー顕微鏡、微小な探針(プローブ)をサンプル表面に近づけて走査するプローブ顕微鏡の切り替えを自在に行い、ミリからナノまでのシームレスな観察・測定をたった1台で実現します。走査型プローブ顕微鏡の平面分解能は探針の先端径により決まります。オリンパスが自社開発するカンチレバーは探針先端の尖りを、安定した品質と使いやすさで提供します。また多彩な解析をサポートする様々な測定モードを用意しております。(断面形状、粗さ解析など)

デジタルマイクロスコープ:DSXシリーズ

デジタルマイクロスコープ:DSX500 デジタルマイクロスコープ:
DSX500

タッチパネルによる快適な直感操作と先進の光学技術の融合で、工業分野での観察・解析の効率を、飛躍的に高めます。工業検査と材料観察に必要な各種観察法を備え、観察目的に合わせて最適な条件が選択できる「マルチプレビュー機能」を搭載しております。(面積・体積測定、段差測定など)

対物レンズ

対物レンズ群 対物レンズ群

オリンパスの顕微鏡に採用されている、無限遠補正光学系UIS2は柔軟なシステムの拡張性を備えており、これからの医療、生物、工業等、様々な分野の発展に優れた対応力で貢献します。
顕微鏡の性能を決める心臓部ともいえる対物レンズ群は、約200種類ほどあり、全長45mm程度の金枠筒の中に、多いものは20枚弱の高精度レンズが、サブミクロンの精度で配置、固定され、究極の性能を出すよう設計・製造されています。