求める人物像

採用担当部門 部長からのメッセージ

オリンパスグループでは、2016年より新たな中期経営計画に基づき活動を開始します。この中核となる経営方針は、
- to be the greatest “Business to Specialist” Company -
「オリンパスは最も偉大な対専門家企業になる」との意味ですが、「偉大」とは強いや大きいといったことではなく、お客様や株主、従業員、地域社会等に最も貢献し、期待され、尊敬される企業像を指しています。また「対専門家企業になる」との決意はオリンパスグループ従業員にとっての働き方を示唆しています。専門家の高い要求に応えられる製品やサービスを提供するために、従業員はそれに相応しい矜持、高度な技術技能、品格を備えなければなりません。長野オリンパスはグループのなかで最も長い歴史を有する製造拠点です。脈々と受け継がれた高い技術技能を糧に、科学者、研究者、技術者、医療従事者等専門家が使用する顕微鏡、工業用内視鏡、医療機器部品を製造しています。

-究極の成功とは、自分のしたいことをする時間を自分に与える贅沢である-

アメリカの女性歌手、レオンタイン・プライスさんは歌手という職業の選択を「究極の成功」「自分に与える贅沢」と表現しました。会社を選ぶ過程はこれに通ずるところがあります。前段でお伝えしたように長野オリンパスは専門家顧客の高い要求に応えるべく、我々自身がものづくりの専門家になるよう努力し、そのための環境を整備しています。我々と共に高いレベルを目指し、努力を惜しまない人材を求めています。興味を抱いてくださった皆様には、聞きたいことは何でも質問して、自らの意思で会社を選んでほしいと思います。
長野オリンパスの選択が皆様にとって「究極の成功」でありますよう祈っています。

技術部門 部長からのメッセージ

まず初めに、厳しい就職活動に励んでおられる皆様に敬意を表したいと思います。そして、長野オリンパスに関心を示してくれたことを嬉しく思います。弊社はオリンパスグループのなかで顕微鏡、工業用内視鏡、医療機器等の製造と修理サービス機能を担当しています。内部には、開発、生産技術、調達、品質保証、生産管理、人事総務、そして製造、修理サービスなど、多くの機能があり、これらが連携して製品とサービスを社会へとお届けしています。
皆様はものづくりに興味があって理工学を学んでおられると思います。これまで育んでこられた能力を製造業で発揮してほしいと思います。製造の最前線では、求められる精度に出来ない、バラツキが収まらないなど、学んだことを応用する現実の問題が満載です。 これらを出荷期限までに解決していく、技術者としての実践能力が養われます。そして、これらを成し遂げた達成感、仲間との信頼関係は工場の醍醐味です。私はこれを「経験工学」と勝手に命名しています。将来どのような方面でご自身の専門性を磨くにしても、「経験工学」は技術者としての厚み・深みを形成してくれると信じています。
ぜひ、私たちと一緒に、ものづくりを通じた社会貢献と皆様自身の自己実現、この両方を成し遂げましょう。

製造部門 部長からのメッセージ

弊社は顕微鏡や工業用内視鏡を部品加工から組立まで一貫生産しています。また、医療用内視鏡関連製品のキーパーツ生産と修理を行っています。これらの光学機器は、世界の研究所・病院・大学・空港・工場などでプロフェッショナルに信頼され、研究、医療、産業の最前線を支えています。その誇りが大きなやりがいにつながっています。

お客様の「見えなかったモノを見たい」という探究心は旺盛で、ますますの高解像・高精度化、かつ高度な信頼性が求められます。このニーズをリーズナブルなコストで製品として形にするのが製造の使命です。私たちが自負する4つの強みがあります。

(1)“サブミクロン”を実現するメカ部品加工
(2)面精度“ナノメートル”を探求する光学部品加工
(3)解像度“サブミクロン”を実現する調整組立
(4)製品の信頼を支える品質保証と改善

これらの強みの源泉は人材です。一人ひとりの技能とチームワークが、日々の生産とたゆみない改善を支えています。目指しているのは、世界No.1の光学機器製造です。

弊社には新人から確実にステップアップできる人材育成システムがあります。職場には黄綬褒章受章者、現代の名工、信州の名工などの多くの高度技能者が皆さんを待っています。

私たちと一緒に挑戦し、努力を継続し、自分自身を成長させて、世界に貢献してみませんか。
熱い想いと行動力に溢れたあなたを求めています。